• 0 items

Babooshka

■中津箒 枝のミニ手ほうき 吉田慎司

中津箒

枝のミニ手ほうき

¥8,500.- +tax

全長80僉
ピンク糸



箒は、生活用品でありながらも「払う・清める」などの機能から様々な使われ方をしてきました。
あまり歓迎されない客には、箒を逆さまにして置いておくなどは、良く言われる話ですが、掃き出すと言う事から
妊婦さんのお腹を撫でると安産になるとか、魔を払う、と言う意味で亡くなった人の横に置いたり、葬列の先頭の人
が掲げていたなど、地域や時期によって様々な使われ方をされていました。

「中津箒」
明治時代より作られていたものを発展させました。
原料であるホウキモロコシを全て一貫した無農薬の自主生産をし、
製造を職人の手作りで行っている事で、柔らかくコシがあり、
耐久性のある箒を生産しております。
穂先を殆ど切らず、丁寧に揃えて柔らかく編込む為、畳だけでなくフローリングなどの掃く対象を傷つけず、細部まで届き、折れにくく大変長持ちする箒をお届けする事が出来ます。

「保管」
保管の際は、必ず壁にかけてあげて下さい。
穂先はとても柔らかいので立てかけると重みで曲がり。クセがついてしまいます。

直射日光などでも色が落ちてしまいますが、品質には問題ありません。
風通しの良い、日陰が最適です。



「汚れたときは」
お掃除の道具ですので汚れはつきものですが、汚れてしまった場合は水洗いして戴いて
問題ありません。
ただし、天然の物ですので長い間濡らして置くと、カビなどの原因になります。
洗った後は水を払い、風通しの良い場所にかけてあげて下さい。
洗剤などは、あまりお勧めしていません。



「クセがついたら」
大切に使っていても、少しずつ穂先は曲がってきます。
掛けておけば自然と直る程度もありますが、つまんで直してあげたり
クセが大きい場合には、水やぬるま湯に浸してから新聞紙などに挟み、
重石をして乾かすと真っ直ぐに直せます。



それでも傷んできたら
穂先は数mmずつ、切ってしまっても大丈夫です。
根元に行くほどに穂先は硬くなるので、最初は座敷、次に板の間、土間、庭と
順番に降ろして行くのが昔ながらの使い方です。

  • 8,500円(税込9,350円)
枝のミニ手箒

型番 中津箒 枝のミニ手ほうき 吉田慎司
在庫状況 SOLD OUT

>> お電話でも受付をしております

Babooshka バブーシュカ

TEL: 0766-25-3877

12:00-20:00 (火曜・水曜定休日)